ダニエル・ハーディング 商品

ダニエル・ハーディング マーラー:交響曲第10番

私は、以前秋葉原のCD屋で、マーラーの交響曲1~9番を買っていました。その後、レコード芸術を何度も聞いたら、やはり、10番が存在していました。「10番?やっぱり完璧がいい!」そう思って、いろいろ候補を選びました。その中で、ジンマン盤がありましたが、やっぱり、ハーディングがよかったと思います。この商品を買ったおかげで、マーラーの交響曲が一揃えすることが出来ました! マーラー:交響曲第10番 関連情報

ダニエル・ハーディング モーツァルト:歌劇《ドン・ジョヴァンニ》 [DVD]

2006年8月のザルツブルク音楽祭ライブ。若い指揮者ハーディングが演出家マルティン・クシェイと組んだ。廻り舞台を活用し、真っ白な曲面の「壁」やパネルが活発に動いて空間を仕切っていく。カーテンコールの時のように、舞台の瀬戸際の狭い空間でほとんどの演技が行われる。たくさんのドアがあり、そこから人物が後ろに消える。白いブラジャーとパンティだけの長身の美女がマネキンのようにずらりと並び、その間をジョバンニとレポレロが彷徨する。驚くのは、夜の騎士長の石像の場面では、同じ下着姿の女性たちが老婆に代っており、そのグロテスクな姿が死を象徴する。もっと驚いたのは、騎士長がジョバンニの晩餐に現れるとき。降る雪の中、積もった雪の真ん中にあるテーブルで食事するジョバンニが消え、何とその席に、今度は、黒い蝶ネクタイに黒い礼服姿の騎士長が座っている。しかも、色を黒に変えた下着姿の美女たちをずらりと従えて。マフィアのゴッドファーザーのようで、騎士長に”性”的含意を与えているのか。最後のジョバンニ地獄落ちの大団円は、暗く青白い光線の中で行われる。アンナ、エルヴィラ、オッタヴィオ、マゼット、ツェルリーナらは、勝者ではなく敗者という解釈か。 モーツァルト:歌劇《ドン・ジョヴァンニ》 [DVD] 関連情報

ダニエル・ハーディング ブラームス:交響曲第3番&第4番

ダニエル・ハーディング指揮、ドイツ・カンマ-・フィルハーモニー・ブレーメンの演奏するブラームスの交響曲第3番と4番のディスク。4番が2000年、3番が2001年の録音である。……18世紀末の古楽器の奏法(ピリオド奏法)で演奏されたブラームスという喧伝なので、おおいに期待したが、30数人という小編成ゆえ、幾分の透明感はあるものの、余りのブラームス的なメロディに、奏法に長けた演奏家たちも、つい19世紀的なコブシが入ってしまっているというのが実情である。そのため、やりたいことは分かるが不完全燃焼のような演奏というか、出来損ないのシューリヒトのようになってしまった。ハーディングは最近はベートーヴェンにトライしているらしいが、そちらの方がもっと良い結果が出せるだろう。 ブラームス:交響曲第3番&第4番 関連情報




Loading...


ここを友達に教える