椎名法子 商品

好きなことで、生きていく

肌は、まだ、まにあう。年齢肌の悩みに酵母のちからでお応えするエイジング・スキンケアシリーズ※ サントリー エファージュ 公式サイトは...

こんな道徳教育があった【特攻隊】

WILL(2013年7月号)に「こんな道徳教育がある」と題して、愛知県のA中学校の道徳教育の授業が掲載されていました。

テニス 錦織圭 スペイン

テニス 錦織圭 スペイン https://youtu.be/EX8I2oxH2Sk.

1976年 女が虹を見た

1976/02/06放送 TBS 系ドラマ 結婚前夜シリーズ 主な出演者 香山美子、大和田獏、塚本信夫、赤座美代子ほか 音楽 樋口康雄 脚本 高岡 ...

椎名法子 椅子 ロッテ 【紗雪】CMソング

椎名 法子は、日本の女優、タレント、歌手。
大阪府交野市出身。サムデイ所属。堀越高等学校卒業。
このチャンネルは YouTube の動画検出システムによっ ...

ここを友達に教える

椎名法子 商品

椎名法子 ペンブックス1 ダ・ヴィンチ全作品・全解剖。 (Pen BOOKS)

世では天才とか万能とか云われるダ・ヴィンチ。もしあなたがその万能を知りたければ手記を読めば良いでしょう。しかし「画家ダ・ヴィンチ」をこれから知りたければ、本書は大変良いと思います。何よりPen誌は、本品に限らず記事が読み易い上に、画像の配置に始まる誌面の構成が大変美しいので、ダ・ヴィンチ物を読んでみたいと思った時、迷わず本誌をポチりました。全体的な構成は、彼の各作品を他者作と比較しつつ、入門者に解り易い範囲で切り込んだ解説といった感じで、科学のメスを入れながらも、誌面がビジュアル的に美しい為、本当に読み易い!又、↑で「画家としての彼を知りたければ本書」をと書きましたが、彼の万能的な側面をも、直筆手稿の画像を使いながらある程度誌面に割かれており、そちらの点でも、ビジュアルと知識の双方を同時に得られます。結果、繰り返し読んでいます。 ペンブックス1 ダ・ヴィンチ全作品・全解剖。 (Pen BOOKS) 関連情報

椎名法子 帰ってきたウルトラマン Vol.4 [DVD]

 夫婦怪獣シーモンス、シーゴラス登場の巻ですね。怪獣のオスとメスという設定は見た事なかったので新鮮でしたね。それも両者で形態が異なるというデザインがいいですよね。シーモンスはメスらしく眼がチョット可愛らしいのと、二頭がじゃれ合ってる姿もおかしいです。こういった怪獣にウルトラマンとマットがどう立ち向かうのかが見ものです。そして、またあの長官が出てきます。セブンでは良い長官だったんですけどねー、作品が変わると同じ役者さんでも、こうも変わってしまうんでしょうかね?って思ってしまいます。 収録が4話なので、テロチルスが登場する16、17話が二巻をまたいだ形になってるのがもったいない気がします。できれば17話もこの巻に収録してほしかったですね。 再三言ってる予告に関してはここでは言うのは止めます。 帰ってきたウルトラマン Vol.4 [DVD] 関連情報

椎名法子 その他大勢から抜け出す77の言葉

タイトルに惹かれ手にした一冊でした。男として、その他大勢では終わりたくない、でもとくに自分を高める努力をせずにいる、今の自分の為の本だと思いました。最初は、こんな本を書く人と自分では素質が違う、スタートが違う、なんてひねくれた考えで立ち読みしていましたが、かなり心をつかまれ、購入しました。理由として、この本の著者も自分と同様に弱さ、コンプレックスを持ち、失敗や挫折を経験してきた人だったからです。この本を読んで、この著者を知って、まだまだ自分も変われる、と思いました。これから、自分に胸を張って、自分を諦めずに生きていきたい。そんな心のスイッチを入れてくれる本です。 その他大勢から抜け出す77の言葉 関連情報

椎名法子 図解入門業界研究最新ブライダル業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第2版] (How‐nual Industry Trend Guide Book)

都心に住む友人の結婚式に呼ばれて、いろいろと思う所があり、タイミングよくこの本が目にとまりました。相場の3万のご祝儀、交通費を払ってまで行く価値あるのだろうか?そもそも結婚式ってなんなんだ?と思っていた私にとって、欲しかった情報がよくまとまっています。私は結婚式にあまり価値を感じない否定派です。歴史的にどういう意味合いがあったのか分かりませんが、最近のいわゆる”ご祝儀”は、ブライダル業界がより多く売り上げを増やすために利用している、ただの集金システムではないでしょうか。戦後のバブルでハデ婚がもてはやされていた時代と同じように、招待されたゲストがご祝儀=3万円を払うという前提でビジネスを組み立てているようでは、間違いなく斜陽産業でしょう。そこそこ付き合いのある友人でしたが、調べれば調べるほど、細かいマナーや服装で費用がかかることがわかり、結局出席を辞退しました。お互いに嫌な気持ちになったのは言うまでもありません。結婚式に『常識』という言葉で予算を膨らませ、招待されたゲストに当然のようにその負担を強いる今の結婚式、そしてそれを変えようとしないブライダル産業は、早く滅んでしまえばいいと思います。表紙に業界人、就職、転職に役立つと書いてありますが、個人的には結婚式の知識が浅い20代前半であれば、誰にでもおすすめできます。ブライダル業界側からの視点で、戦前、戦後、これまでのトレンドがまとまった本書は、自分の考えを相対化させる上で、大変役に立ちました。この本を手掛かりに、ブライダル業界が作り上げたこれまでのイメージを捨てて、『結婚式』というものを、もう一度考えてみましょう。 図解入門業界研究最新ブライダル業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第2版] (How‐nual Industry Trend Guide Book) 関連情報

椎名法子 今を生きる 『武士の娘』 鉞子へのファンレター

 これは作者が敬愛してやまない杉本鉞子、長岡藩家老であった稲垣平助の娘、について書いた、100ページに満たない小品である。作者・星野知子氏は、アメリカを初め欧米でベストセラーとなった、自伝的小説、「武士の娘(A Daughter of Samurai)」が日本であまり知られていないことを惜しみ、この本で作品の紹介を試みたのであるが、それは見事に成功している。 内容は杉本鉞子の生い立ちと、鉞子の育った新潟県長岡市、鉞子が住んでいたアメリカのシンシナティ、などについて語っているものである。本人や両親を初めとして往事の貴重な写真が載っており、初めて鉞子のことをこの本から知った人は、「武士の娘」を読んでみようと言う気になるではないかと思う。 私は、鉞子自身の著作である原文と、翻訳と、更に内田義雄氏の鉞子に関しての著作を読んでいるが、この本に記載されている鉞子本人の写真を見て改めて新鮮な感動に打たれた。  この本からは著者の杉本鉞子に対する深い敬愛の念と、自分の育った長岡市への愛着が感じられる。読んでいて温かな気持ちになった。余分な修飾を切り落とした簡潔な文章が、今後の参考となった。 今を生きる 『武士の娘』 鉞子へのファンレター 関連情報


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|野球|サッカー]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]