ここを友達に教える

石井てる美 ランキング!

石井てる美 Let's Go: Fourth Edition Level 1 Student Book with Audio CD Pack

この1は、このブックのまえに黄緑色の入門テキストがあるとはいえ、まさに基本中の基本のテキストです。シリーズのワークと共に用いて、読めるようになる 書けるようになるという練習を地道にすることと、1→2→3と、シリーズで使用することをおすすめします。市販の英会話教本(小学生以下むけ)では 使用しやすく安価であると思います。ただ、このテキストとワークのみ使用でレッスンを終えると、生徒さんは「楽しさ」の点で満足しないでしょう。先生のオリジナルゲーム等でテキストの弱点を補強したり、子供たちが喜びしかもためになるゲームをしてあげると良いと思います。 Let's Go: Fourth Edition Level 1 Student Book with Audio CD Pack 関連情報

石井てる美 Let's脳リフレッシュ!

初心者には簡単コース、慣れればどんどん難しくなります。様々なトレーニングがあり、単独でも挑戦できます。 Let's脳リフレッシュ! 関連情報

石井てる美

「不条理な世界に投じられた登場人物たちの視点」から世界を観ることで、いろいろ考えさせられてしまった。以下は、私が個人的にやや残念だった点、および気に入った点です。<やや残念に感じた点>1. 私は小説を読む際にいつも「思わず唸ってしまうような上手な比喩や文章表現」との出会いを期待してしまう。しかし本作にはそのような文章表現はあまりなかった(ただし、これを「素直で読みやすい英文」と好意的に評価することも出来るとは思う)。2. SF考証が物足りなく感じてしまった。「移植されるのが具体的にどの臓器なのか」とか、「『運命』に抗った場合にどのような処罰が待ち受けているのか」といったことに関する記述がもう少しあれば、もっと小説世界にのめり込めた気がする。<気に入った点>1. 会話がとても自然でリアルであること。全般的にスローテンポな小説で、些末とさえ言える事柄が詳述されている。これにより人物がリアルで感情移入しやすくなっていると感じた(これは人によっては非常に退屈に感じるかもしれないが)。2. 本作は特殊な「搾取の構造」のあるSF世界を描いている。これを少し抽象化して捉えなおしてみたところ、奴隷制度、階級社会、動物愛護といったことと繋がっているような気もしてくる。本書は、いろいろ考えさせてくれる材料になった。3. 「いったん便利な社会が実現すると、不便な段階に戻ることが難しい」ことは私たちの世界でも同じかもしれない。私は、環境問題や原発のことを想起した。4. 「ひどく理不尽に思える人生ではあっても、そこに幸せを見出したり、素敵な思い出を作れるということは、あり得る」と解釈したら、少しだけ生きる勇気を与えられた気がした. 関連情報

石井てる美 Let It Be [DVD] [Import]

画質はまあまあです。解散するべく良くも悪くもバラバラ感が漂っています。音、ストーリーを楽しむと言うより見流すといった意味で良い1枚です。 Let It Be [DVD] [Import] 関連情報

石井てる美 Never Let Me Go

主人公が自らを"Kathy H."と称することから始まる物語、その自称に違和感を覚える人(想像力逞しい人)であれば"carer" "donation"が何を意味するのか、数ページ読み進むだけでこの作品の鍵であるテーマについてある程度の察しがつくでしょう。それでもずっと読み進めさせるだけの繊細な筆致で物語が進みます。Hailshamでの平和な子供時代、その時代へのノスタルジアと成人後、Hailsham出身者が対峙する残酷な現実との対比が平易だけれど、美しい文章で語られます。悲しい話ですが読後感は決して悪いものではありませんでした。きっとずっと手元に置く本になると思います。テーマは重く、カテゴリーとしてはSFの範疇に入るのでしょう。荒唐無稽と感じる人もいるでしょう。でも残念ながら、私には「今後、実際に起こらないと断言できない」ことのように思えてなりません。動物愛護を訴える過激な保護活動団体について、ニュース等で取り上げられるのを見るとこの物語をいつも思い出し、考えてしまいます。命に、種に「優劣」はあるのか?その優劣を決めるのは「人間に課された役割」なのか?と。 Never Let Me Go 関連情報


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|野球|サッカー]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]